【闇深】青汁王子とAKB48創設者窪田康志が2億円超の金銭トラブルで法廷闘争!




【闇深】青汁王子とAKB48創設者窪田康志が2億円超の金銭トラブルで法廷闘争!

【闇深】青汁王子とAKB48創設者窪田康志が2億円超の金銭トラブルで法廷闘争!

1 : Team774(御前山) (3段) : 2023/02/23(木) 13:23:57.25
「サラブレッドの代金払え!」AKBグループ創設者が青汁王子と2億円超の金銭トラブルで法廷闘争《事態は意外な展開に》

「窪田さんにはお世話になったので、あまりとやかく言うつもりはなくて……」

 記者の直撃に戸惑いの表情を浮かべるのは“青汁王子”こと三崎優太氏(33)だ。ここ数年、三崎氏はある金銭問題に悩まされている。総額2億円を超えるとい
う巨額トラブルのお相手は「窪田さん」こと、実業家の窪田康志氏である。

AKBグループ創設者が起こした「芸能スキャンダルではないトラブル」

 窪田氏といえば、作詞家の秋元康氏らとともにAKB48の生みの親として知られる人物だ。時代を作ったビッグアイドルグループの最盛期を、運営会社「AKS
(現・Vernalossom)」の社長として支えてきた。現在は社長の座を引いているが、AKBグループにいまも隠然たる影響力を持っているとされる。スポーツ紙記者
が語る。

「AKSの社長を退任したあとも、旺盛にビジネスを展開しているようですよ。2020年には国税庁の税務調査で、乃木坂46の運営会社の株式を譲渡した際に出た22億
円の収益の申告漏れを指摘されたこともありました。すぐに4億円を追納してことなきを得ていましたが、あいかわらず大きな額のお金を動かしているんだなって
芸能記者の間でも話題になっていました」

 だが、今回のトラブルは芸能スキャンダルとはわけが違うという。「トラブルの発端は、サラブレッドの売買ですよ」と語るのは窪田氏の長年の知人だ。
もともと窪田氏は大の競馬好き

「2019年11月頃、窪田さんは、三崎さんの保有する競走馬3頭を2億4000万円で譲ってもらう約束を交わしています。なにせ大きなお金なので、さすがの窪田さん
も一括で支払うことができず、分割でお金を払っていくという契約だったようです」

続きを読む
Source: 地下帝国-AKB48まとめ
【闇深】青汁王子とAKB48創設者窪田康志が2億円超の金銭トラブルで法廷闘争!